外国人技能実習生の受入なら実績20年の「NITKO協同組合」
お問合わせ
お電話番号
TOP / ニュース / - ニュース詳細

NEWS

2号技能実習に移行できる対象職種が追加されました。

外国人技能実習機構は、2号技能実習に移行できる対象職種の追加を公表しました。
・宿泊職種・接客衛生管理作業(令和2年2月25日追加)
2019年に検討されていた宿泊職種がついに2号技能実習に移行できるようになりました。

簡単に言えば、ホテル業に従事していた技能実習生は今まで1年で帰国するしかありませんでしたが、
これからは3年技能実習生として、日本で働くことができるようになりました。

特定技能では受入が始まっているという情報もあり、
宿泊業界として、大きな変革期を迎えているように感じます。

詳細は、下記URLよりご確認ください。
https://www.otit.go.jp/files/user/200226-3.pdf

愛知県、名古屋市をはじめ外国人材雇用をご検討の方は、
実習生、特定技能問わず、是非当組合にお問い合わせください。全国対応いたします。

申し込みご希望の場合は、当組合までお問い合わせください。

詳しくはこちら▼
https://nitko.jp/lp/1/