外国人技能実習生の受入なら実績20年の「NITKO協同組合」
お問合わせ
お電話番号
閉じる開く
TOP / 外国人技能実習生制度とは

外国人技能実習生制度とは

外国人技能実習生制度とは

我が国で培われた技能・技術、または知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与することを目的とした政府推奨の制度です。
技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技術・技能・知識を実地(OJT)での修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされ、技能等の修得は、法務省・外務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省の5省共管で設立された、財団法人国際研修協力機構(JITCO)の指導及び技能実習計画に基づいて行われます。
日本の受入企業側にも、実習生の意欲的な姿勢が日本人社員に良い影響を与えることで社内が活性化したり、外国との接点が生まれることで企業の国際化といったメリットがあります。

受入企業側のメリット

実習生の技術・知識を修得したいという向上心を持った意欲的な姿勢が、日本人社員にも良い影響を与えることで社内が活性化したり、外国との接点が生まれることで企業の国際化といったメリットがあります。

技能実習生の受入から帰国までの流れ

入国前の人選・講習から、帰国までの各種書類・手続き及び、指導・相談全てNITKO協同組合がサポートいたします。

外国人技能実習生の受入人数

外国人技能実習生制度では、1年間で受入れられることができる人数枠が決まっています。
受入人数枠は、実習実施期間(受入企業)の常勤職員総数に応じて変動します。

受入例

以下の表は、毎年3人ずつ技能実習生を採用した場合の受入モデルです。

技能実習の期間は最長3年です。3年間の実習期間が経過すると帰国します。
ただし、監理団体、受入企業、実習生の全てが要件を満たせば最大5年に延長できます。